いま夢中なのは、おろしそば

彼は唯一無二の存在

愚痴が止まらない。そんな時に突然相葉くんの顔が浮かんだ話。

 

まず、相葉くんってさ、本当に優しいよな。

某CM撮影のインタビューで植物にさえ愚痴をこぼしたら可哀想だって言うもんだから私は恥ずかしくなった。だけど、私は今日も母に電話までして愚痴を散々聞いてもらってしまった。相葉くんは愚痴とか悪口を言うと自分が寂しくなるっていつかのレコメンでも言ってたけどさ、私が誰かに愚痴をこぼすときのネタって基本的に職場でのことなわけ。誰かに言わないともやもやが晴れなくて、理不尽なことばかりだからいちいち腹立つとか、ムカつくとか、とにかく悪口混じりの愚痴。愚痴を言ってもスッキリしない時は全くしないけど、でも言わずにはいられないというか。自分の中で消化しきれないんだよね。だからこの怒りを人に話すことで、人がどんな気持ちになるかなんてあんまり、というか全然考えたことがなかった。母は昔から自分の話よりも人の話を聞いてくれるような人だったから余計に。しかも私もわりと人の愚痴は嫌だとか思わず聞いていられるほうだし、共感できないことでも少し聞き流しながら(笑)聞いていられるタイプ。だから友達と愚痴を言い合うのはお互い様だと思ってるし、職場の人と上司の愚痴を言うにしてもそれで結束するじゃないけど、コミュニケーションとってるみたいなところはある。だけど相葉くんの考えは、愚痴とか悪口って聞いた人、生きてるモノを嫌な気持ちにさせるものであって、それを言って自分がスッキリするってより寂しくなっちゃうものなんだよね。だから言わない。楽しいから笑うっていうよりも、笑ってれば楽しいことあるかなって考える相葉くん。嵐ちゃんの最終回でもこの回が掘り起こされてたよね。相葉くんからは、たくさんのことを教えてもらってる気がする。ニノちゃんが相葉くんみたいなお坊さんに法事やってもらいたいって言うのがすごい分かる。これはベイストで言ってた(笑)ふと、愚痴をマシンガンのように母に言い放ったあと、とりあえず言いたいことは全て言えたから冷静になってしまい、そこで相葉くんの顔が浮かんでちょっと反省した私。たしかに愚痴って共感してくれる者同士ならちょっと盛り上がったりするけどさ、寂しくなってるのかもしれない。これって虚しい。だから愚痴を言う前にちょっと考えようかなって思った。自分自身、愚痴を言うことでスッキリしないこともあるし、何でもかんでも愚痴として誰かに聞いてもらうよりも溜め込まなくて済む方法が他にあるんじゃないかなって。植物とかぬいぐるみとか?にも言わないようにしてるのが相葉くん。ちょいと私、愚痴を少しずつ減らそうキャンペーン始めるわ。特典とか何もありませんが。友達とも職場の人たちとも、もちろん母とも、愚痴よりも楽しい話をして過ごしたほうが幸せなんじゃないか!そう考えるようになりました私。相葉くんの顔が浮かび、物思いに耽る深夜の話でした。